便利屋,不用品,廃品,回収,買取,庭の手入れ,伐採,草刈り,札幌,札幌市,北海道,テレビ処分,お焚き上げ,遺品整理,捨てる,冷蔵庫,ベッド,タイヤ,洗濯機,リサイクル,買取り,不要品,害虫,蜂の巣,駆除,虫,ブラウン管,家具,家電,廃棄

もしもの時の為に検討されてはいかがでしょうか?

| 0件のコメント

自分がもしもの場合の連絡先のほか、葬式や埋葬の希望などを書き残しておくエンディングノートと言う物が最近知られる様になって来たとの事ですが、実際に書き残している方は少ない様です。

書く人が少ないのは「まだ早い」とか、死について考える事に対する抵抗感がどうしてもぬぐえない様です。

当便利屋では遺品整理も行っているので、予期せぬ最後を迎えられてしまった方の自宅のお片付けの依頼も多々承っているのですが、最近思う事は「残された方々のご苦労」についてです。

長年人が暮らしていますと、整理整頓をしっかりしている方でも片付始めると大量の不用品が出てくるものです。

最近は家族が離れ離れでくらしている家庭も多く、なかでも本州で就職されている子供さんが居る家庭では、長期休暇を利用して自宅の整理に為だけに札幌に帰省する方が多くいらっしゃいます。

休暇の全てを自宅整理に使っても終わらず、本州に帰る日が迫ってきて困って当社にお電話をくださる方がけっこういらしゃいます。

その様な方の声をお聞きしますと、婚礼箪笥など大型家具は夫婦2人では移動させる事が出来ない、冷蔵庫、洗濯機などの家電製品もとても重く、しかも処分方法が分からないとか、不用品が次々に出て来て廃棄しきれないなど、数日の休暇ではどうする事も出来ないとのお困りの声が大変多いです。

もしもの時は何時起こるか分らず、備える事は難しいですが誰にもその時は訪れます、その時残された家族のために元気な内に不必要な大型家具など重量物の廃棄などを検討されてはいかがでしょうか?

一度に処分してしまうと家の中がさびしくなってしまいますので、半年に一度とか1年に一度とか廃品にしたい物を処分してはどうでしょうか?

そんな時には当社にお電話下さい、力自慢のスタッフがお伺いしてお客様に一切のお手間を取らさずに搬出いたします。

コメントを残す

必須欄は * がついています