便利屋,不用品,廃品,回収,買取,庭の手入れ,伐採,草刈り,札幌,札幌市,北海道,テレビ処分,お焚き上げ,遺品整理,捨てる,冷蔵庫,ベッド,タイヤ,洗濯機,リサイクル,買取り,不要品,害虫,蜂の巣,駆除,虫,ブラウン管,家具,家電,廃棄

2016年8月28日
から yuuya
0件のコメント

蜂駆除(私の場合)

もうそろそろ九月になりますね。

蜂の活動も活発になり駆除の依頼は増えています、今時期が最盛期です。

それがスズメバチだった場合は命に関わる危険が有る為、発見したらすぐにでも駆除業者を呼んでください、被害が無く巣も小さい内に処理した方が良いです。

1日に3件、4件と依頼が殺到しています、大体の場合はお客様が緊急を要する事態ですので、こちらとしても出来うる限り最短でお伺いするべく日時を考えます。

このような状況ですのに、私は蜂駆除に行けないのです。

なぜなら、私は100キロの巨体を持っちゃってます、望んだ訳ではないのですが!!その為防護服が着れません。

片足入れただけで「無理~」と諦めざるを得ないほど、無理に着たら破けますね!あれは。

他のメンバーが頑張って駆除に向かってくれています(汗)。

被害が出る前に専門業者にお電話下さい、駆除に伺いますよ。

 

2016年8月23日
から yuuya
0件のコメント

蜂駆除

先日蜂駆除のほうに行かせてもらいました。

場所的にはカーポート屋根の内側部分にあったので取りやすい位置にありました。作業も順調に進みましたが、巣にいなかった蜂たちが戻ってきてそれを駆除するのに時間がかかってしまいました。

どうしても巣の外にいるのが戻ってくるので全部の駆除は難しいですが、巣がなくなれば1週間くらいは巣のあったところを飛び回るので注意が必要になりますが、女王蜂がいなければ餓死するのを待つだけになりますので、駆除された後もしばらくはお気を付けください。

作業中に通りすがりの方に「スズメバチですか?」と聞かれ、そのあともムービーを撮られたりと、ちょっとしたヒーローになりました笑

ご自分でも駆除は可能ですが蜂によってはアレルギー症状を起こす場合もありますので当社のような業者に依頼されたほうが安全で無難ですので無理にご自分で取ろうとせず是非ご依頼ください!!

もしもぼっくすはすぐ駆けつけます!!

2016年8月22日
から yuuya
0件のコメント

第2の繁忙期!

そろそろ9月になりますね。最近台風の影響で雨が多い生憎の天気の日々が続いてますが少しずつ涼しくなり過ごしやすくなるのではないでしょうか。

ところでみなさんは引越が多い時期(引越業者の繁忙期)がいつかご存知ですか?

3月,4月と答える方が多いと思います。確かに3月、4月は新年度が始まる時期なのでとても多いですが、実は9月も引越が多い時期なのです。

なぜかというと9月は転勤が多い時期だからです。なので9月は社会人の方の引越が多くなります。

当社では引越の際に出る不要品のお引取りをメインに行っているのですが、当社でも9月は繁忙期になりまして、今から予約で埋まっていっている状態になっております。

当社では先着順に承っておりますので、もし不要品の処分についてお考えの方はお早めにご連絡をお願い致します。

札幌近郊見積り無料で行っております!

便利屋もしもぼっくす 0120-828-96

2016年8月18日
から yuuya
0件のコメント

地下室格闘戦IN清田

もしもぼっくすは一戸建てのお宅の整理の依頼を受けて清田区へ出動しました。

着いてびっくり、立派なお宅でした~、と言う事は物が多いと言う事です。

予想どうり大量の品物が!

2tトラック3台分くらいありましたが、お客様は東京からこの度の整理の為札幌に帰省されていますので、作業可能な日は2日間のみ。

この度の物量で2日間はかなりハードですので、必殺の人海戦術で対応!

1日目は他の仕事も有る為2名で作業(有り難い事に忙しくさせていただいております)ですが、2日目は何と5名体制。

5名ともなれば搬出のスピードはものすごく、ドンドン部屋が片付いて行きますが、そこに今回の難関の地下室が!

高さは1.2メートルほどで、広さは6畳くらい正直言って広い!中身は満載!2つに分割された箪笥まで!

地下室攻略戦は2名体制、1人が中に入り地上に出す、もう一人が出したものを外へ運びます、しゃがんでの作業は力があ入らず大変でしたが、3時間ほどで無事に搬出完了。

私が地下室から出た時のは他のスタッフが他の部屋を綺麗にしてくれていました。

お客様は2日間で物で溢れかえっていた家が整理された事に驚き大変喜んでいただきました。

自宅の整理はとても大変で困難が結構あったりしますので、1人で抱え込まず他の人の手を借りてしまいましょう。

当便利屋もしもぼっくすは無料でのお見積りを行っておりますので、遺品整理や生前整理、引っ越しの際の不用品処分など自宅を整理する時には一度お電話下さい、我々が助けになる事があると思います。

2016年8月16日
から yuuya
0件のコメント

強敵!!エレクトーン

本日お伺いしたお客様のお宅でエレクトーンがありました。事前の資料にエレクトーンがあるという風にはわかってはいましたが、今まではそこまで重い、大きなエレクトーンは見たことがなかったので、軽いものを想像していていざ現場に行くとそこには「ピアノかな・・・?」と見間違えるような大きさのエレクトーンがありました。あれ?これ出せるかな?と思いながらほかの作業を進め、最後に対峙をしてもう一人のスタッフと(基本二人~三人で動いています)どう出すかの確認を行い作業を始めました。

重いには重いですが二人だどギリギリ持てる重さでしたので、ベテランスタッフの方の知恵を借りながら向きを変えたり道具を使ったりと匠の技が光る場面でした。

幸い玄関から近い部屋で搬出自体は割とやりやすいものでしたので踏ん張りながらなんとか出すことができました!!

 

強敵の出現に焦りはしたものの、無事に出すことができてお客様も大変喜ばれていました。

こちらとしてもいい経験になりましたので出会えてよかったと思っています。

 

今回のようにベテランスタッフの華麗な技が活躍することは多々あり、一般の方だと難しいものでもすすっとお出ししてお引き取りいたしますのでお困りの際はもしもぼっくすへご連絡ください!!

2016年8月11日
から yuuya
0件のコメント

伐採作業!

本日は白石区で木3本の伐採を行ってきました。

2本は小さな木で手ノコですぐに切れるくらいのものだったのですが、問題は最後の1本・・・3メートルほどの桜の木です! DSC_0094

今回チェーンソーを持って行ったのですがこの木はすぐに切ることが出来ずまずはチェーンソーを使えるように分かれた枝を手ノコで切る作業からのスタートでした。

脚立に登って切っているとすぐ腕や足が疲れてきてしまいます。なので交代しながらの作業です。

30~40分ほど作業してチェーンソーを使えるくらいになってきたらいよいよ幹の伐採です。

今回は長い木なので狙ったところに倒せるように切れ目を入れてさらにロープで引っ張りながら切ります。

細心の注意を払いながら切り無事に伐採作業を終えることができました!

DSC_0095

後は土を掘ったところから切ったので土を埋めなおし、きれいにして作業終了です。

DSC_0097

切った木や枝もこちらでお引取りしますのでご安心下さい。

今回は伐採でしたが、草刈なども行っていますので困ったことがあればぜひ1度お電話ください!

便利屋もしもぼっくす 0120-828-96

2016年8月8日
から yuuya
0件のコメント

最近ゴミ屋敷の片付け依頼が増えています。

今年に入りゴミ屋敷からの依頼が増えています、私が伺ったお宅はすでに8件ほどです、ひと月に1~2件ペースですね。

今回は量がかなり多い依頼でした。

ベットの寝台と同じ高さで紙、服、食品、その他その他が積もっていました、リビングとキッチンに仕切りが無い間取りでしたので一面同じ高さで積もっているのです。

3人で伺ったのですが、玄関からしてすでに足の踏み場が無い状態、まずは家の中に侵入する通路を作る処からの作業です、ちなみにごみ屋敷においては、お馴染みの光景で驚きはまったくありません。

遺品整理や通常の不用品処分と同じく、お客様の必要とする物は捨てないのでお客様と確認しながらの作業となります。

1時間ほどで玄関は終了しましたが、1人分しかスペースがないので時間は掛かってしまいます。

リビングにつながる廊下もいっぱい、ドアはゴミで固定され動きません。(これも普通です)

まずはドアを動く様にするのですが、やはりスペースは1人分、他の2人はひたすら袋詰めされたゴミをトラックへと運びます。

お昼前には何とかドアが動く状態へ、ようやく3人で仕事できる場所確保です。

リビングにあったベットの上をまずは綺麗にして、お客様が必要な物をそちらに移動させてその他は全て袋の中へ。

3人作業は効率が良くドンドンとゴミが消えていきます、しかしいつものことですがキッチンと言う魔物が立ちふさがります。

水回り、薄暗く狭く湿気が有り食品まであるこの魔境、まさに昆虫天国!

そんな魔境にも怯む事無く挑むもしもぼっくすの隊員達、(たまに若いモンは怯みます)

ここで注意を一つ!このようなお宅は高い確率で水漏れしています、ゴミが吸い取り気づかないのです。

そして長年の湿気にやられて床が腐ります、そして床が抜けます。

ほぼ8割のお宅で同じ状況になっていました、古い木造のお宅なら鉄板です。

一刻も早く対処する事をお勧めします、このブログをご覧になり自宅が同じなら当社へお電話を!

まずは無料の見積もりを希望してください。

2016年8月4日
から yuuya
0件のコメント

物置の片づけ

今日は物置の片づけに行ってきました!!

戸建てのお家や賃貸でも貸し物置を借りる方がいたりと宅内のスペース以外に物を置く方が多くなってきているように感じますね。

初めのうちは必要なものを置いたりしていても物が増えすぎてしまうとどうしても「不要なものを置いておく場所」になっていってしまうようです。

物が増えないようにするには新しいものを買ったときに不要になったものを捨てて物を入れ替えていくのがいいと思います。

 

その際に重いものであったり処理に困るものがありましたら便利屋の出番ですのでもしもぼっくすへご連絡ください!!

不用品の引取りはもちろん、倉庫の解体なども行っていますのでよろしくお願いします。

2016年8月1日
から yuuya
0件のコメント

遺品整理時の貴重品はどうするの?

今年も早8月、北海道も暑くなってきました、もう連日汗だくです。

かなりゴツイ私は少し動けば頭から汗が噴き出ます、脱水症状には気を付けたいものです。

皆さまもお気を付けください、家の中のほうが温度が高くなる場合が多いそうですので、中にいるから大丈夫と過信しないで、水分補給はこまめにしましょう。

もしもぼっくすの仕事は屋内での作業が多いんです、不用品回収に始まり、高齢者施設への入居する為の自宅の整理、生前整理にごみ屋敷、そして遺品整理が主な仕事ですので、屋内からの搬出作業がメインです。

遺品整理の作業をさせて頂いている時には、故人様の大切な品物や写真、預金通帳や印鑑、時には現金など貴重品が多々あります。

大体のお客様は形見分けなどをされた後にご依頼されますので、それほどの貴重品は出ないのですが、収納場所の全てを見るのは大変で結構残っている場合もありますので、そこで我々は現場に貴重品ボックスなる物を持参して出てきた貴重品はそちらへ移して保管しておきます。

写真

こちらのなります、白いのは対比のボールペンです。

確認もせず全て捨ててしまう業者も居るとお聞きした事もありますが、当社は確認をしっかりして作業します。

もし当社の様な業者を探されているのなら、お電話下さい。

2016年7月31日
から yuuya
0件のコメント

身体を大事に

当社の仕事はかなり身体を使う作業が多いです(基本的に体を使わないことはないです…)

お引き取りできないものが資格が必要なもの(ガソリンなどの危険物)や生き物はできませんが基本的には箪笥や、ピアノなど金庫などなどどんなに重いものでもお引き取りしています。

身体を酷使することが多いので膝や腰を痛めるスタッフもなかにはいます(傷めないように気を付けてはいます)

お客様でもお部屋の片づけなどをする際は無理して重いものなどを持って身体を痛めないようにお気を付けください。

当社は力自慢のスタッフも多く在籍しており、力だけではなく、力学的に物を搬出する技術も持ち合わせておりますので、なにかお困りの際はもしもぼっくすへご連絡ください!!

 

2016年7月30日
から yuuya
0件のコメント

小さなものから大きなものまで

当社は不要品のお引取りをメインとして行っているのですが、いろいろなご依頼をいただきます。

小さなものでは小型テレビ1台やカラーボックスなどがあり、大きなものでは4LDKのお家の中を全てお引取りというものもあります。

お客様のなかには「これ1つなんだけど取りに来てもらえるの?」「量がすごく多いけど大丈夫?」などいろいろと質問をいただくのですが・・・

大丈夫です!お任せ下さい!

小さなものから大きなものまでお引取りさせていただきます。

小さなものならお電話いただいたその日にお引取りできることもあります。大きなものならお見積りに行かせていただいてからの作業になります。

不要品の処分にお困りでしたら、ぜひ1度お電話下さい。

便利屋もしもぼっくす 0120-828-96

4DSC_0024 回収前

2016年7月28日
から yuuya
0件のコメント

不用品回収をしているとよくある事

回収作業をしていると良くあるのですが、お客様が処分に難色を示される事があります。

我々はお客様からの依頼を受けて不用品回収の作業をしますので、お客様が「捨てて下さい」と言った物しか回収しません。

ですので、残してとおっしゃる物は一切回収しません、この要る要らないがはっきりしていて、ご自分で使い道をちゃんと決めている方は良いのですが、「これどうしよう」と我々に質問される方ですね。

よくいらっしゃいます、反対に全部捨ててと言う方もいます。

大事な物とか、捨てるのに抵抗があり判断が付かないのです、この場合に私がお客様に言う事は「決心がつかないのなら残しましょう、ですけど一年間の間に一度か使いました(着ました)か?一年間使っていないなら、この先使う事は無いと思いますよ」と提案させて頂いています。

この提案で「決心がつかないなら」の部分を重要と考える方と「一年使っていないなら、この先使わない」の方重要と思う方に分かれます。

前者なら残す、後者なら処分する、となるのですが、同時に「お客様のお気持ち次第です」と言いますので、「そうだよね」とお客様は真剣に考えてくれます。

ですが処分するというのは、案外重労働ですので、一人で行うのは腰を痛めたりと危険もあったりします。

そんな時には当社にお電話下さい。

2016年7月27日
から yuuya
0件のコメント

暑い中での作業

日に日に暑さが増してきていますね・・・

みなさんも体調崩されていませんか?

作業員も暑い中での作業になりますのでこまめに休憩を摂らせていただいたり、水分補給をと行い、体調管理には気を遣っています。(その分作業時間が長引くこともありますが、ご了承ください・・・)

040f0_227_cc4c28143e4c10ef32cc24126d130c7b

 

以前水分の正しい摂り方について書かせていただいたので本日は熱中症について書いていきます。

「水分を」こまめにとる

のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう。スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。

「塩分を」ほどよく取る

過度に塩分をとる必要はありませんが、毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう。大量の汗をかくときは、特に塩分補給をしましょう。ただし、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、よく相談の上、その指示に従いましょう。

「睡眠環境を」快適に保とう

通気性や吸水性の良い寝具をつかったり、エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。

「丈夫な体を」つくろう

バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体をつくりましょう。体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

寝不足でも熱中症になるので睡眠の環境もしっかり整えて寝苦しくないようにすることも大事ですね。

なにかお困りのことがございましたらまずはご連絡ください!!

<

p class=”listText2″>コールスタッフが丁寧な対応をさせていただきますのでご連絡お待ちしています。

2016年7月25日
から yuuya
0件のコメント

道具を大切に

本日は案件すべて終了してから就業時間まで時間があったのでいつも使っているトラックの洗車を行いました。

最近ちょっとがたがきてるなと不安になるときがある当社のトラック、中古で買ってからもう5年くらい経つでしょうか・・長い付き合いになってきました。

時間が空いたので毎日頑張ってもらっているトラックを綺麗にしてあげようと、いつもは簡単な掃除だけなのですが、今日は洗車も行いました!

車を綺麗にすると気持ちもすっきりして、また明日から新たな気持ちで頑張れるような気がします!

みなさんも車でなくても身の回りを少し整理してみるのはいかがですか?そのときに出るゴミお引取りしますよ!      話がずれてしまいましたが、これからも車など道具を大切に仕事していきたいと改めて思いました。
話が少しそれてしまいましたがこれからも道具を大切に仕事を行って行きたいと思います!

DSC_0093

2016年7月21日
から yuuya
0件のコメント

蜂駆除二度目

本日二度目の蜂駆除に行ってきました!!

前回は他のスタッフが作業を行いましたので見ているだけでしたが、今日は自ら作業を行いました。

初の高所作業と、換気口の中の巣の駆除でした。

換気口の蓋は壊していいということでしたので壊してみると、ソフトボールくらいのサイズの大きさに成長しているクロスズメバチの巣がありました!!

幸い周りにはそんなに蜂がいませんでしたので、殺虫剤をかけてそのまま袋に入れて終わりになりました。

f-kurosuzume01

画像がクロスズメバチです。

そんなに攻撃性はないので蜂の中では弱いほうですが、敵と認識されるとさすがに襲ってきますので気を付けてください。

 

二か所あり、もうひとつは二階の換気口でしたが、見えるところには巣がなく、よく見ていると、建物の隙間に入っていくハナバチがいました!!

巣が見えるところにはなかったので、応急処置的な作業で、隙間にスプレーを吹きかけて、コーキングで穴を埋めて終わりでした。

b0223446_11301865

画像がエゾハナバチです。

 

高所作業+蜂の巣駆除貴重な体験になりました!!

時期がたつにつれ巣は大きくなりますので怪しいと思ったら早めのご連絡お待ちしております!!

お困りのことはもしもぼっくすへご連絡お待ちしています。